So-net無料ブログ作成

中国の臓器提供の禁止令で影響は? [法律]

中国ではいままで臓器移植の臓器を死刑囚に提供させることを許可してきたが・・・

2015年
死刑囚からの臓器提供を禁止し、病院に死刑囚の臓器を使用しないように通達された。

中国では死刑囚の臓器提供は、せめてもの罪滅ぼしとされているが、病院側がお金を受け取るケースもある

また、長期休みの前に、一斉に死刑が行われることも問題になっている。

日本にいると、死刑なんてあまり聞かないが、中国では死刑にすることができる法律が日本より広義的だ






これまで中国で激しい論争を招いてきた、刑執行後の死刑囚の臓器提供が今年初めから禁止された。

しかし国外の医療関係者は、今後死刑囚らの臓器は「寄付」として新たに分類されるだけだろうと、今回も抜け道があることを指摘している。

中国では臓器移植の需要は高いもののドナー(臓器提供者)が慢性的に不足しており、長期にわたり死刑囚の臓器提供に頼ってきた。

複数の報道によると、中国人体器官捐献与移植委員会主任委員は北京(Beijing)での会合の際に、当局は今年初めから、死刑囚から摘出された臓器を使わないようすべての病院に通達していると強調した

元衛生省次官でもある黄主任委員は10日、ニュースサイトのチャイナ・ビジネス・ニュースに対し、「臓器移植業界は、自発的な寄付による臓器だけに頼るという新たなステージに発展した」と述べている。

しかし、やはり専門家らこの主張に懐疑的で、死刑囚らの臓器は「寄付」として再分類されるだけで、摘出は中止されないだろうと、中国を信用してはいないようだ。

英医学専門誌ランセットに掲載された投書で、「臓器の強制摘出に反対する医師会代表らを含む5人の医療関係者らは、「中国政府は2008年以降同じ約束をしては実行することを避けてきた。また、死刑囚らは臓器を寄付できる一般人として再分類されており、この慣習も続けられている」と指摘した。






タグ:臓器移植
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。