So-net無料ブログ作成

サウナで長寿に [発展]

サウナに定期的に通っている男性

・それほど頻繁に行かない男性に比べて長生き

・突然の心臓発作で死亡する確率も低い

との調査結果をまとめた研究論文が、2015年2月23日

米国医師会雑誌(内科学)「Journal of the American Medical Association Internal Medicine」に掲載された。

寒さが厳しいフィンランドでは、サウナ通いは広く行われており、良好な健康状態とくつろぎをもたらすと考えられている。

中高年男性(42~60歳)2315人を対象とした調査を21年間実施

突然心臓死、冠状動脈性心臓病による死亡、心疾患による死亡、そして全死因による死亡などのリスクとサウナ入浴との関連性を調べた。


比較した結果


突然心臓死リスクサウナに行く頻度を週1回と申告したグループ、週2~3回としたグループ

 頻度の多いグループは突然心臓死リスクが22%低かった。

 週に4~7回通っているグループは、週1回のグループより63%リスクが低かった。


・冠状動脈性心臓病リスク週1回のグループに比べて

週2~3回のグループは23%低い

週4~7回のグループは48%低い


・心疾患による死亡リスク週1回のグループに比べて

週2~3回のグループは27%

週4~7回のグループは50%それぞれ低かった。


・全死因死亡率

週2~3回のサウナ入浴は24%の死亡率減少に関連

週4~7回のサウナ入浴は40%の死亡率減少に関連


※また、サウナ室に19分以上継続して入ることは、11分足らずで出るより効果が高いように思われたという。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

増田一彦

貴ホームページで下記の記事見ましたが2015年2月15日発行の米国医師会雑誌を原文で読みたく思います。入手方法と価格等教えてください。
よろしく、
増田

「サウナで長寿に [発展]」

サウナに定期的に通っている男性

・それほど頻繁に行かない男性に比べて長生き

・突然の心臓発作で死亡する確率も低い

との調査結果をまとめた研究論文が、2015年2月23日

米国医師会雑誌(内科学)「Journal of the American Medical Association Internal Medicine」に掲載された。

by 増田一彦 (2015-11-18 09:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。